Lutronic: Aesthetic Aesthetic Menu Close

ニキビ跡・瘢痕治療

瘢痕形成術とは?

瘢痕形成術とは、瘢痕組織を治療修復することで、通常は傷跡の外観を改善したり、傷跡を除去するためのものです。 瘢痕は、容貌やセルフイメージ、生活の質に悪影響を与える場合があります。また、瘢痕組織は過度に敏感であり、硬くて柔軟性に欠け、痛みや痒みを伴う場合もあります。

治療オプション

瘢痕は様々な方法での治療が可能で、ケミカルピーリング法、フィラー注入、皮膚剥離術、新膠原形成プロセスを引き起こすマイクロニードル法、肌触りや赤みを改善する非侵襲性レーザー治療、侵襲性レーザー治療、瘢痕組織を蒸発させ健全な修復機能を促進し、同時に新膠原形成プロセスを促進するフラクショナル高周波治療などがあります。

どのように作用するのでしょうか?

エネルギーを利用した瘢痕修復の実施に際しては、治療中の快適さを改善し、周囲組織の二次的損傷を最小化し、エネルギー量を制御して修復を促進し、結果として最大の治療効果を得られるよう、治療パラメータを注意深く管理することが必要です。 暗色傾向の皮膚をレーザーまたは光/エネルギー治療する場合、火傷や炎症後色素沈着過剰症(PIH)の危険性が高いため、問題が発生する恐れがあります。 ほとんどの場合、良好な治療結果を得るためには幾度かの治療が必要です。