Lutronic: Aesthetic Aesthetic Menu Close

色素病変・肝斑治療

病変とは?

色素性病変は、光線によるダメージ、遺伝子構成、老化など、様々な自然的または環境的要因によって引き起こされます。 また、治療行為に伴う副作用としても発生します。 どちらの場合であっても、サイズ、形、特定部分における有病率で異なります。 色素性病変には、バースマーク、加齢に伴うシミ、ソバカス、色素過剰、光線性角化症、色素性母斑が含まれます。

どのように作用するのでしょうか?

色素性病変の治療は、選択性光熱分解という科学原理に依存しています。適切な波長が照射されると、光エネルギーは発色団に吸収されてから熱に転換され、この熱によって色素が分解されます。 ただし、周囲の組織は損傷を受けません。 多くの場合、最大の効果を得るためには何度も治療を受ける必要があります。

色素性病変の治療を成功させるためには、周辺の組織を残して色素や血液のみを破壊するように慎重にエネルギーを照射する必要があります。 これはいくぶん難しい作業であり、患者ごとの個人的な特徴、例えば皮膚の色などに大きく左右されることになります。 そのような特徴を考慮しながら、医師はフルエンス、パルス幅、反復率などの処理パラメータを調整し、エネルギー照射量を最大限にして(より良い結果のため)、患者の不快感を最小限にすることができます。 多くの機器は、調節が可能な場合でも、異なるパラメータを個別に調節できないので、使用範囲が限られてきます。 当然ながら、皮膚が暗色傾向である場合、発色団であるメラニン色素の割合が多いため、治療がより難しくなり、たえられないほど痛かったり、火傷を起こす場合があります。

professionals treatments infographic lesions01

レーザーエネルギーは、組織中の色素を標的にし、破壊および除去します。その後、破壊された色素の粒子は免疫システムによって人体に自然に吸収されます。