Lutronic: Aesthetic Aesthetic Menu Close

facial sculpting banner3

フェイシャル・スカルプティングとは?

フェイシャル・コントアリング (またはフェイシャル・スカルプティング)とは、皮下に蓄積した脂肪を除去し、顔の輪郭を矯正することです。  フェイシャル・スカルプティングには、骨や軟骨を外科的方法で矯正したり、フィラーを加えて顔をふくよかにする方法があります。


治療オプション

フェイシャル・スカルプティングとは、様々な治療法を用いて顔の輪郭を矯正することです。 代表的な方法としては脂肪吸引術、つまり外科的に脂肪を除去する方法がありますが、潜在的リスクがあり、多くの患者がこれを回避したいと望んでいます。 別のオプションとしては、レーザーやエネルギーを利用した脂肪吸引術があり、通常の脂肪吸引術に比べて一般的に体に優しい方法となっています。 フィラー注入など非侵襲的な方法も普及しつつありますが、治療結果が予想しづらく、あまり効果的ではありません。


レーザーを利用したフェイシャル・コントアリングはどう作用するのでしょうか?

レーザーを利用したフェイシャル・スカルプティングは ACCULIFT™としても知られており、エネルギーを照射して脂肪を融かしながら,医師が手作業または吸引によって除去します。 また、皮膚表面や皮下で発生した熱が皮膚を収縮させて引き締めるという望ましい効果も現れます。


ACCULIFT(アキュリフト)とは ?

アキュリフトは、韓国と米国の著名な形成外科医によって開発された画期的なフェイシャル・コントアリング法です。 この治療法のように、蓄積または劣化した脂肪を快適、簡単、安全に除去できる方法は、他にありません。 アキュリフトはフェイシャル・スカルプティングを精確に施術するための理想的かつ代表的な方法で、他の顔面若返り術や輪郭矯正技術と併用して用いることができます。

担当医が患者と協力し、患者の顔の特徴や治療目的に合わせてカスタマイズした治療プランを策定します。 今すぐ、担当医と個人面談のスケジュールについてご相談ください。

Lower Face

facialsculpting before after 001

Courtesy of J. David Holcomb, MD, USA

Submentum and Neck

facialsculpting before after 002

Courtesy of J. David Holcomb, MD, USA

Lower Face and Submentum & Neck

facialsculpting before after 004

Courtesy of J. David Holcomb, MD, USA


  • だらりと垂れ下がった余分な脂肪を取り除き、「重力」に反旗を翻しましょう
  • 侵襲性を最小限に抑えており、局部麻酔だけで施術が可能です

期待される効果

アキュリフトによる治療の第一歩は、治療したい部位と予想される治療結果について担当医と相談することから始まります。 担当医は患者に対して、アキュリフトだけの単独治療を実施するか、もしくは、患者独自の治療スキームの不可欠な部分であるアキュリフトと他の治療法(フィラー注入、フラクショナルCO2レーザースキン・リサーフェシング、ファット・グラフティング(脂肪移植)、フェイスリフト手術など)を併用することを勧める可能性があります。 治療箇所の前処理が完了した後、医師がアキュスカルプ・レーザーを用いて予定量の脂肪を軟化または除去させます。 光の照射によって傷や若干の腫れが生じる可能性がありますが、数日で通常の生活に戻ることができます。


現在、顔の輪郭矯正はより簡単で安全になっています

AccuLift™は顔や首の輪郭矯正に理想的な治療法です。– 適用対象としては、顔面中央、ホウレイ線、顔面下部、あごのたるみ、顎の下、首などがあり、– また、強い麻酔や複雑な外科手術は必要ありません。 AccuLift™は、多くの患者が効果的かつ単独で利用できる治療法で、フィラー注入、フラクショナルCO2レーザースキン・リサーフェシング、ファット・グラフティング(脂肪移植)、フェイスリフト手術など他の方法で得た治療結果をさらに改善する方法としても非常に優れています。

Systems

ACCUSCULPT II laser system

  • レーザーは、脂肪を融かし、皮膚を引き締めるために理想的な波長を備えています。
  • エネルギーは、侵襲性を最小限に抑えた小さなニードルやマイクロ・カニューレを用いて挿入された極めて薄い光ファイバーを通じて伝達され、顔面治療に不可欠な精密さを保持しています。
  • 不快感と回復期間は最小限に抑えられ、あざはなくなり、瘢痕が残ることはありません。
  • 治療の設定値は簡単に調整でき、患者のニーズに合わせてカスタマイズすることで最も高い治療効果と快適さを提供します。